結婚をした当初はラブラブな関係が続いてお互いに幸せな感情を抱きながら生活をしています。

しかし、新婚生活のようなラブラブの時期が何年も続くような夫婦は非常に少ないです。

結婚をしてから3年~5年を経過するあたりから徐々にお互いの温度が冷め始め、さらには倦怠期に入ってしまう夫婦も多いです。

旦那の浮気

旦那さんの浮気に注意しよう

そこで注意しなければいけないのが旦那さんの浮気です。男性は本能的にたくさんの子孫を残そうと考える性質を持っています。

新婚当初のラブラブな時期においては奥さんのことばかりに目が行きますが、一定の期間が経過すると、他の女性にも目が行くようになるのです。

特に結婚する前から浮気性のところがある男性の場合は、結婚した後に浮気をする確率も高いです。

女性の場合は結婚をする家庭のことを任せたり、子供ができた場合は育児も任されることが多いので、家庭内の仕事をこなすことで精一杯で他の男性に心を奪われるケースは少ないです。

特に子供ができると、子供に愛情を傾けるので恋心が芽生えることはほとんどありません。

結婚後も女性と出会うケースが多い

その一方で男性の場合は結婚をした後でも以前と変わらず毎日仕事に出かけます。

職場には女性がいたり、仕事帰りに飲みに行くこともあるため、奥さん以外の女性とコミュニケーションをとる機会も多いです

また、子供ができると奥さんが子供に愛情を注ぐので、旦那さんは相手にされなくなる家庭も多いです。

そのような夫婦の場合は旦那さんが愛情を求めて他の女性にちょっかいをかけて浮気関係に発展するケースもあります。

男性の浮気が遊び目的が多い

男性の浮気は遊び目的の場合が多いです。子孫を残そうとする本能があるため、女性と比べてそれほど抵抗なく他の異性と肉体関係を持つことができるのです。

浮気はあくまで遊びだと捉えていて、たとえ浮気をしてもよっぽど夫婦関係が悪くない限りは最終的には奥さんの元に帰ってくることが多いです。

浮気相手がいる男性の中には「自分の奥さんにも愛情がある」と回答する割合も多いです。

そのため、万が一あなたの旦那さんが浮気をしていたとしても、それほど狼狽える必要はありません。

ドンと構えていれば、いつかは必ずあなたの元に帰ってくるでしょう。

探偵事務所に浮気調査を依頼する

しかし女性の中には旦那の浮気が絶対に許せないという方も存在します。そのような場合は探偵事務所に浮気調査を依頼して、浮気の証拠を掴み取ってください。

浮気の証拠を掴み取ることで浮気を止めさせることができたり、浮気相手に慰謝料を請求することもできます。

浮気をした旦那さんと離婚したい場合は、その証拠を活用して離婚手続きを進めることも可能です。